肌の乾燥は、あらゆる肌トラブルの原因になることをご存知でしょうか?

見た目や肌ざわりが不快というだけでなく、肌表面を保護するうるおいがなくなってしまうのは危険です。

ここでは、カサカサ肌を何とかするための方法について紹介します。

\シミを消したい方必見/

⇒ 【最強】美白美容液ランキング!40代のシミに効くおすすめはこれ!

カサカサ肌/乾燥肌はまず保湿!

カサカサ肌とは、乾燥肌のことです。

当たり前のようですが、カサカサした肌にはうるおいを与えて保湿状態にしてあげる必要があります。

なぜ、カサカサ肌に保湿がよいのか、あげてみます。

水分を与えるとうるおいが行き渡る

乾いた大地に水を撒くと、じわじわと水分が浸透して大地がうるおってくるのが目に見えてわかります。

これと同じで、カサカサ肌に水分を与えてあげると、うるおいが浸透して見た目につやつやになってきます。

カサカサ肌が悪化してくると、表面的に乾燥しているだけでなく内部まで深刻なうるおい不足になってしまいます。

これはコラーゲンやヒアルロン酸などが不足しているのが原因かもしれず、肌表面の対策とは別のスキンケアも必要です。

ただ、同時に肌表面の保湿に気を付ける必要があることも忘れないでください。

というのも、肌表面が乾燥していると、バリア機能が低下して外敵から肌を守れなくなってくるからです。

すると紫外線にコラーゲン線維が破壊されるなどのダメージを受けて、内面からさらに乾燥が進んでしまいます。

このように、保湿は内面からも外面からも必要です。

肌の水分保持をしているセラミドは、ほとんどが肌表面に存在しています。

セラミドを充実させておくには、肌表面を保湿で保護するのが効果的です。

肌表面に水分を与えて守ることで、紫外線や外気によるダメージを受けにくくなります

カサカサ肌はスキンケアが重要

カサカサ肌がなかなか解消しないという場合は、スキンケアが間違っている可能性もあります

肌に重要なのは、何より保湿です。

もちろん洗顔やクレンジングなどでしっかり汚れを落とすことも大切ですが、その後放っておけば肌は無防備に外敵にさらされることになってしまいます。

洗顔やクレンジングをしたら、すかさず保湿をすることで肌を外敵から守れるのです。

カサカサ肌に正しいスキンケアをおこなうと、肌は必ず変わってきます。

カサカサしなくなるだけでなく、うるおいが整った肌にはシミやしわ、ニキビなどもできにくくなってくるでしょう。

カサカサ肌へのクレンジング

カサカサ肌を改善する基本としては、洗顔やクレンジングも重要です。

汚れや古い角質、不要な皮脂などを落とすことに重視するだけでなく、いかに肌に負担をかけずにきれいに汚れを落とせるかに気を遣ってください

というのも、クレンジングは汚れを落とすパワーがあるだけに、肌に刺激を与えかねないからです

成分による刺激もあれば、摩擦による刺激もあります。

できるだけ肌に摩擦を与えないように、汚れを落とすのは難しいことです。

あらかじめクレンジングのタイプを肌にやさしく触れることができるものから選べば、少しでも摩擦刺激を減らせるでしょう。

ミルクタイプのクレンジングなども、試してみる価値があります。

また、ポイントメイクと同じ調子で全体をクレンジングしようとすると、必ず肌に強い刺激がかかります。

ポイントメイクは最初に専用のクレンジングで落とすようにして、顔全体は別途やさしくクレンジングするようにしてください。

カサカサ肌の洗顔方法

洗顔の仕方が、カサカサ肌にしている場合もあります。

スッキリしたいあまり何度も洗顔していたり、ゴシゴシ雑にこすり洗いしていたり、刺激が強い洗顔料を使っていることもあるでしょう。

これらは全て肌に負担を与えてしまいますから、すぐに改善することをおすすめします。

正しい洗顔は、まず肌への刺激が優しい洗顔料を選ぶことから始まります。

汚れをしっかり落とすには、あらかじめ肌を温めておくのも効果的です。

✨お湯の温度も、ぬるいと感じるくらいが最適です。

皮脂は32度で溶け始めるといいますから、必要な皮脂を流してしまわないようにぬるま湯にする必要があります。

✨洗顔料をしっかり泡立てたら、顔に乗せて泡で泡を動かすようにしてください。

✨肌をこすらなくても、洗顔料の泡で汚れを吸着できることが重要です。

✨すすぎのときも肌をこすらないように注意しながら、しっかりぬめりを取ってください。

✨タオルでポンポンと湿り気を取ったら、すかさず化粧水でたっぷり保水するようにしましょう。

必要があれば美容液をつけて、カサカサ肌には油分でフタをしておくのが効果的ですからクリームでの仕上げをおすすめします

カサカサ肌はしっとりスキンケア

洗顔後には、間髪入れずに保湿することが大切です

ただし、素肌には油分が入っていきません。

そのため、洗顔後すぐに乳液やクリームをつけるのは逆効果です。

そこでもう何の美容成分も浸透しなくなってしまいますから、洗顔後一番につけるのは化粧水にしてください。

化粧水をつけるときにも、注意が必要です。

肌をこすったり、叩いたりするのは逆効果

 

肌に化粧水をつけたら、手のひらで肌を温めるように包んで浸透させるようにしましょう。
カサカサ肌には、肌にうるおいを与える美容成分が入った化粧品を使うと効果的です。

✨例えば、セラミドは、肌表面を水分で満たしてバリア機能を高めてくれます。

✨肌の深層部にあるコラーゲンやヒアルロン酸などは、弾力やつやのもとでもあります。

✨特にヒアルロン酸は水分を保つ力が圧倒的に高く、加齢などによって減少している場合は補給してあげるのがおすすめです。

カサカサ肌は擦りすぎない

摩擦によって、カサカサ肌になっていることもあります。

肌は思った以上にデリケートで、ちょっとした刺激でもダメージを受けてしまいます

紫外線を浴びたり風を受けたり、摩擦と感じられないような刺激でもダメージにつながりますから、スキンケアでの摩擦にも気を付けるようにしてください。

洗顔やクレンジングはもちろん、化粧水などをつけるときにも乱暴に肌を扱うのは厳禁です。すぐに顔を触るクセがある人も、注意するようにしてみてください

カサカサ肌こそ年中紫外線ケア

紫外線が肌に及ぼす影響は、恐ろしいほどです

日焼け止めを塗っていても完全に紫外線をよけることはできませんが、だからといって日焼け止めなしで外出するのは一年中避けなければなりません

カサカサ肌の人は、特に紫外線のダメージを受けやすくなっています

というのも、肌がカサカサしているということは、肌表面にセラミドが不足していると考えられるからです。

肌は、表面をバリアで覆っています。バリア機能を果たしているのが、皮脂やセラミドです。セラミドが十分に整っている肌は、皮脂のバランスもよくなってバリア機能を十分に発揮します。

バリア機能が弱っていると、たちまち紫外線にダメージを受けてしまいます。

コラーゲン繊維まで破壊されかねませんので、皮膚の深層部から傷ついてしまうこともあるのです。

紫外線ケアはしっかりおこなうことと、夏場でも保湿を十分にするようにしましょう。

食事でもカサカサ肌をケアできる

スキンケアだけでなく、内面からのケアでもカサカサ肌を改善することができます。

意識して摂りたい栄養素・食材

肌の大部分を構成しているのが、タンパク質です。

ダイエットなどで食事制限をしていると、タンパク質不足になることがあります。

即、肌トラブルが出やすくなりますので、タンパク質はしっかり摂っておくように気を付けましょう。

ビタミン類も、肌の健康を保つために不可欠です

・ビタミンAやビタミンBは、肌の基本を作るのに欠かせない栄養素です。
・ビタミンEは、若返りビタミンといわれるほど肌に油分を与えたり抗酸化力をもたらします。
・ビタミンCも抗酸化力が高い栄養素で、細胞を常にイキイキとさせておくのに効果的です。
紫外線ケアをサポートするためにも、ビタミンCはたっぷりと摂っておくのがよいでしょう。

オメガ3系脂肪酸は、体内では生成されないのですが、健康を保つために必須の栄養素です。美肌にも関わる栄養素だけに、適度に摂取するようにしてください。

・日常的に摂取したい食材では、納豆やアボカド・アーモンド・青魚・レバー・乳製品などが美肌をサポートしてくれます。
・青魚やアーモンドは、オメガ3系脂肪酸を摂るのに便利です。
・アボカドには、良質なビタミンEが豊富。
・納豆は、発酵食品として体に酵素を取り入れるのに良い食材です。
・血行が悪い人には、レバーが役立ちます。
・乳製品にはタンパク質が多く含まれていますので、脂肪の過剰摂取にならないように適度に摂取してください。

意識して避けたい食べ物

カサカサ肌はもとより、美肌を保つために避けておきたい食べ物もあります。

⤵ファーストフード
⤵甘いお菓子
⤵インスタント食品
⤵コーヒー

などは代表格です。

ファーストフードやインスタント食品には、体に負担をかける食品添加物が含まれがちです。

また、野菜が不足しがちになるので、腸内環境の悪化から肌のターンオーバーを乱しかねません。

甘いお菓子は、肌の糖化現象を起こす危険性があります。

また、糖質はすぐにエネルギーとして消費しなければ脂肪となって蓄積されてしまうため、肥満のもとになる上に代謝の低下にもつながります

コーヒーは体を冷やす作用があり、やはり新陳代謝の低下を招いてしまう恐れがあるのです。

食事でのバランスが難しいときはサプリメント

そうはいっても、なかなか食事で栄養バランスをとりにくいということもあるでしょう。

そんなときは、サプリメントを上手に活用して栄養バランスをとるのもおすすめです。

例えば、オメガ3系脂肪酸は魚に多く含まれている必須脂肪酸ですが、魚をあまり食べない人には不足しがちです。これをサプリで摂取すれば、手軽に不足した栄養素を摂ることができます。

ビタミンBやビタミンCのように、水溶性のビタミンもサプリメントで補給するとよいでしょう。

水溶性のビタミンは、摂取しても数時間で排出されてしまいます。一度に大量に摂取しても意味がない栄養素ですから、サプリメントでこまめに摂取すると効果的です。

他にも、食事で摂りにくい栄養素をサプリメントで補給すると便利です。

カサカサ肌予防の生活習慣

girl opens the curtains

カサカサ肌は、生活習慣で予防できるのでしょうか。

生活習慣を変えることで、カサカサ肌を予防する方法についてお話します。

ストレスを貯めない

ストレスは、体のリズムを狂わせてしまいます。

適度なストレスは良い刺激にもなるのですが、過剰にストレスがたまってしまうのはよくありません。

⤵ストレスがたまってくると、緊張して血行が悪くなってきます。
⤵血行が悪くなってくるだけで、栄養や酸素が全身に行き渡りにくくなり、代謝も低下してきます。
⤵血液循環が悪くなると、体が冷えてくるのも問題です。

肌のターンオーバーにも乱れが出てきますから、ストレスをためないようにすることは美肌のためになります。

睡眠時間を確保する

睡眠が不足する、あるいは質が悪くなってくると、肌にハッキリと影響が出てきます。

睡眠中には、様々なホルモンが分泌されます。

その働きによって一日の疲れが回復するため、単純に睡眠時間が減るだけでも肌の働きが低下してしまうのです。

睡眠時間をたくさんとれない人でも、質の良い睡眠を心がけて補うことができます。

よく眠れるように寝る少し前に入浴して体を温めたり寝る前に食べるのは控えたりするだけでも効果的です。

テレビやパソコン、スマートフォンなどの画面を寝る前に見ないようにするのも、よく眠れるコツです。

冷えはNG

体の冷えは、体温の低下、つまり血行不順になっていることを意味しています。

血液が体を巡っていないということは、必要な場所に酸素や栄養素が運ばれていないことでもあります。

せっかく栄養をとっていても、これでは意味がありません。

代謝がどんどん低下してきて、肌のターンオーバーが乱れることから、老廃物がたまる一方になってしまいます。

体を常に温めておくことで、ターンオーバーが正常化して肌トラブルが起こりにくい肌になれます。

運動で新陳代謝促進

肌のターンオーバーを乱さないためには、新陳代謝が重要です。

そのためには、適度に体を動かす必要もあります。

体を動かす機会が減ってくるほど、血液循環が低下してきます。

激しいスポーツをする必要はありませんが、毎日軽くストレッチをするなど、こまめに体を動かす機会を作るようにしたほうが肌の新陳代謝もよくなってきます

室内の湿度管理も重要

室内の湿度管理は、肌の状態に影響を与えます。

冬場は大気が乾燥するため、肌がカサつきがちです。

夏場でも、エアコンをつけっぱなしにしておくと室内が乾燥しますから注意してください。

理想的な湿度は、4060といわれています。

40%以下の湿度になると、粘膜が乾いてくるほどの乾燥が目立ってくるうえに、細菌やウイルスが活発化して体に悪影響を与えかねません。

室内の湿度管理をこまめに調整することも、カサカサ肌の改善につながります。

理想的な湿度を保つために
・観葉植物を室内に置く
・コップに水を張っておくなどの簡単な方法でも効果的です。

洗濯物の部屋干しも効果があるのですが、こちらはカビや生乾きを発生させないように注意する必要も出てきます。

まとめ

肌のカサカサの原因や対策について、参考になりましたでしょうか。

あらゆる肌トラブルの原因となる肌のカサつきを改善すれば、健康で美しい肌を保つことができます。

肌荒れが気になってきた、季節によって肌がカサカサしてきて困るという方は、今回紹介した対策も試してみてください。

\シミを消したい方必見/

⇒ 【最強】美白美容液ランキング!40代のシミに効くおすすめはこれ!