更年期になると、女性ホルモンのバランスが悪くなり、心身に様々な弊害があらわれます。

肌荒れもそのひとつで、若いころと同じような生活やスキンケアをしていても、乾燥、シワ、吹き出物などトラブルが起こりやすくなります。

原因や症状に応じた対処をすれば治るはず、と思っていても、治りにくいのが更年期の特徴です。あきらめて放置すれは、肌の劣化が進み、シワ、シミ、たるみなどが起こりやすくなります。

いくつになっても、キメの細かい美肌を維持したい、と願う女性のために、更年期の肌荒れを確実に治して、肌の劣化を防ぐにはどうすればいいのか、いろいろな情報を集めました。年齢肌に負けない、若々しい肌を維持するヒントになるはずです。

\シミを消したい方必見/

⇒ 【最強】美白美容液ランキング!40代のシミに効くおすすめはこれ!

更年期に肌荒れしやすい理由

40代前後になって、ずっと愛用していた化粧品が肌に合わなくなる時が来ます。体調が悪く、一時的な場合もありますが、更年期に差し掛かっているサインかもしれません。

肌にあるはずの成分不足が原因

女性の更年期は、様々な意味で変化を迎える時です。40代からの肌の乾燥は、肌細胞に肌を美しく維持できる力が不足して起こります。

体内に十分にあるべきはずの、美肌成分が減少しているのが主な原因です。使い続けてきた化粧品で入念に保湿ケアをしても、改善が難しくなります。

乾燥が改善されなければ、肌のバリア機能が低下するので、小じわができやすくなります。症状が悪化すると、炎症、湿疹、腫れなどの症状が出ます。人によっては、長年使っていた化粧品が合わなくなって、肌があれることもあります

女性ホルモンの変化が成分不足を招く

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンに大別できます。ほとんどの場合、40歳前後になると、この2つのホルモンのバランスが悪くなる傾向にあります。

女性ホルモンのうち、エストロゲンは卵巣から分泌され、自律神経の安定をつかさどるとともに、コラーゲンの生成を促す働きも持っています。

更年期になると、エストロゲンの分泌は徐々に低下し、プロゲステロンは増える傾向にあります。肌が乾燥したり、吹き出物が出やすくなるなど、肌がトラブルを起こしやすくなります

更年期に出やすい肌トラブル、症状は?

吹き出物

プロゲステロンの分泌が過剰になると、皮脂の分泌が通常より多くなります。皮脂が肌の表面に多くなると、毛穴が詰まって、老廃物の排泄が滞ります

年齢を重ねた肌細胞は、ターンオーバーが滞り勝ちになっています。皮脂の過剰分泌とターンオーバーの乱れのダブルパンチによって、肌の表面に老廃物が溜まって、吹き出物ができやすくなります。

また、メラニン色素の増加にも関与するので、色素沈着を促してシミができやすい肌にもなります。

更年期の肌は、エストロゲンの減少で保水力が低下しているのに、プロゲステロンが増えて肌がベタベタとしているとう、矛盾した状態になっています。

乾燥肌

肌の乾燥は、空調や外気乾燥、睡眠不足など生活環境によっても起こりますが、更年期場合、体の内側に主な原因があります。

ホルモンバランスの乱れ、加齢による体内成分の生成力低下によって、コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミド、エラスチンなど、もともと体内に存在していた、体の維持に不可欠な成分が減少します。

保水しても、保湿する能力が低下するため、化粧品で水分を補ったとしても、肌の角質層にとどまらせることができすに乾燥肌になります。角質層に水分が不足した肌は、バリア機能が低下し、外からの刺激に敏感になります。

肌のテカリ

 

皮脂の分泌が過剰になって、毛穴から排泄されることで、肌がテカりやすくなるのですが、肌のテカリの原因は角質層や肌細胞の深層部の水分不足が深くかかわっています。

ハリとうるおいのある健康的な細胞は、古くなった細胞の排泄も順調に行えます。更年期になると体内の機能が前提的に低下するため、新陳代謝が悪くなり、ターンオーバーの周期も乱れます

老廃物の排泄が順調におなえずに蓄積しがちなことろに、ホルモンバラン乱れによって皮脂の分泌が増えると、老廃物と皮脂とで毛穴が詰まりやすくなります。毛穴の詰まりは、くすみの始まりで、放置すれば、シミへと変化します。

シミ

シミができ原因のひとつは紫外線です。紫外線を多く浴びたことによって、メラニン色素が過剰になってシミになります。

ターンオーバーが正常に行われていて、細胞の保水・保湿力が十分に備わって入れば、ケアによってシミができるのを回避できます。

もうひとつ、毛穴の詰まりによってくすみからシミになるケースもあります。日焼け止めで紫外線対策をしていても、体内の環境が原因できるシミは別の方法で対策が必要です。

シワ・たるみ

肌の弾力が失われると、頬のたるみやほうれい線が目立つようになります。また、小じわや大じわができやすくなります。肌の乾燥が起こす二次的な症状といえます。

更年期の肌荒れの治し方や対策は?

更年期の肌トラブルを予防するには、肌の角質層の乾燥対策が最も大切です。肌の乾燥は、キメを崩し、バリアの機能を低下させ、毛穴の詰まりを助長します。

まずは、肌細胞に潤いを取り戻すことが何より大切です。美肌は1日では再生できません。少なくとも、ターンオーバーの周期1回分の28日間だけでも頑張ると、肌の違いが実感できます。

乾燥しているからと言って、とにかく保湿効果の高い化粧品ばかりを使うのは、逆効果です。肌に潤いを取り戻すには、毛穴から栄養分を浸透させることが必要です。

洗顔

正しい洗顔方法を実践して、くすみの原因になっている肌の表面に蓄積した老廃物を取り除き、毛穴の詰まりを解消させます。

ピーリングで強制的に取り除くのは、肌の表皮を傷める原因になります。ぬるま湯と洗顔料で優しく洗うとよいでしょう。メイクは専用のクレンジングを使うときれいになります。

洗顔後に肌がつっぱるようでは洗いすぎです。肌に必要な皮脂も落ちています。洗顔の最後にアルガン・オリーブ・椿など、オーガニックの天然オイルを1滴落とすと、しっとりしますよ。

保湿

洗顔後は一刻も早く保水します。化粧水をたっぷり肌に染み込ませるとよいでしょう。手のひらに適量とって、肌に押し込むようにゆっくりとつけるのがコツです。

叩くように付けるのはNGです。あくまでも、優しく、ゆっくりとつけるのがポイントです。化粧水で肌がしっとりとしたら、乳液・美容液・クリームなどで保湿しておきます。手のひらに肌が吸い付くような状態になるのがベストです。

日焼け止め

日焼け止めは夏だけのアイテムではありません。特に更年期になったら、1年中必要です。紫外線は外部から肌を劣化させる最も大きな原因です。

外出時はもちろん、屋内にいる時も日焼け止めを塗って、紫外線の影響を受けないようにします。日焼け止めは、1回塗ったら24時間効果があるものではありません。

屋外で活動する場合には、数時間おきに塗りなおす必要がありますし、屋内にいても、1日に2回くらいは塗りな緒たほうが効果を持続できます。

やり過ぎなスキンケアに注意!

ケアは適正量とタイミングを守る

肌の乾燥が酷い、シミ、たるみが気になる、など更年期肌の悩みには、正しい洗顔と保湿ケアが必要です。

エイジングケアコスメには、年齢肌対策に必要な成分がバンスよく配合されているので、今までのスキンケア製品では物足りなくなったら、乗り換えるのも美肌回復への第一歩です。

ただ、肌の老化を一刻も早く止めたいからと、適正な回数と量を守らなければ、効果は得られません。肌細胞はターンオーバーによって生まれ変わっています。

1日や2日で老化した肌のは回復しないのです。正しい方法でスキンケアをすることが大切なんです。

スキンケアだけに頼らない

更年期の乾燥肌を改善するには、質の良い保湿成分が豊富に配合されているエイジングケア用などの、スキンケア用化粧品を使用することが効果的です。

しかし、いくら肌に潤いを与える効果があるとしても、1日分の使用料を無視して、大量に使用しても効果は得られません

化粧品に記載されている適切な量で肌の外側からケアをするとともに、体の内側からのケアも必要です。

心がけたい生活習慣

バランスの良い食事

更年期になる40代ぐらいからは、食事の内容に注意が必要となります。新陳代謝が低下して、脂肪がつきやすい体質になるので、良質なたんぱく質や複数のビタミン類の摂取を心がけましよう。

大豆製品を積極的に取り入れると、不足しがちな女性ホルモンを補う効果も得られます。

適度な運動

日常生活での活動では動かすことのない筋肉を、意識して動かすことで、新陳代謝がアップし、血行促進効果が得られます。

筋肉を動かすと、交感神経の働きの活性化に効果があります。

良質な睡眠

睡眠は肌の回復力アップにも欠かせません。特にゴールデンタイムに就寝状態にあると、美肌維持に必要なホルモンの分泌が活発になります。ストレスの発散にも有効です。

まとめ

更年期の肌荒れは、若い時とは別の理由があります。年齢肌に合わせたケアを実施すれば、年齢に負けない美肌の維持が可能です。

焦りからやりすぎなスキンケアには注意しましょう。余計に肌荒れやシミ、シワを悪化させる原因となります。

\シミを消したい方必見/

⇒ 【最強】美白美容液ランキング!40代のシミに効くおすすめはこれ!