美白ケアをするなら、美白化粧水と美白美容液、どちらを選んだ方がより美白効果があるのだろうかと、迷っている人もいるでしょう。

お手頃な美白化粧水と、高価な美白美容液、できることなら美白化粧水がいいなと思う人も多いのではありませんか?

そこで今回は、美白化粧水と美白美容液の、それぞれの役割や特徴についてまとめてみました。美白ケアの参考になればと思います。

\シミを消したい方必見/

⇒ 【最強】美白美容液ランキング!40代のシミに効くおすすめはこれ!

一目でわかる美白化粧水と美白美容液の違い

美白化粧水と美白美容液のそれぞれの特徴を表にまとめてみました。

ここでは、その違いを比べてみてみましょう。

美白化粧水美白美容液
使う順番洗顔後すぐ化粧水のあと
テクスチャーサラッと水っぽいとろみがあることが多い
主な配合成分美白・保湿成分美白・保湿・エイジング・整肌など
美白有効成分の量美容液より少ないたっぷり配合されている 
馴染ませ方ハンドプレスorコットンおもにハンドプレス
役割保湿成分を補い
美白成分を与える
美白&美肌成分を与える
効果美容液・乳液の浸透をよくする有効成分の浸透と保湿
価格手頃な価格比較的高価
省略OK?NGOK

 

こうして比べてみるだけでも、美白ケアするために1つだけ選ぶとしたら、どちらが良いかわかりますね。

美白化粧水は美白と保湿の成分が主ですが、美白美容液はエイジングや整肌(肌荒れやニキビを防止)の成分が含まれているものもあり、非常に多機能になっています。効果が高い、価格が高いのもうなずけますね。

美白化粧水の役割って?

化粧水は肌に潤い成分を与える役目

そもそも化粧水とはどんな働きをしているのでしょうか。

化粧水は基礎化粧品の中でも一番最初に使います。肌に保湿成分を十分に与えることがその役目です。

洗顔によって、汚れとともにお肌の保湿成分も失われてしまいます。その保湿成分を化粧水で補い、しっかりと角質層まで浸透させることができれば、その後の基礎化粧品がより浸透しやすくできます

基礎化粧品のステップはいろいろありますが、そのほとんどが肌の状態によっては省略することもできます。でも化粧水だけは、洗顔後すぐ、必ず使うことが大切です。

美白化粧水は潤い成分とともに美白成分を与える役目

美白化粧水も普通の化粧水と同じように、お肌に水分を与えてくれる他、配合されている美白有効成分によって、角質層の奥から肌を美白化してくれる働きもあります。

シミは表面だけでなく肌の奥深くにある予備軍も。

美白化粧水のテクスチャーは水分のため、広範囲に馴染みやすく美白ケアの1つ目のステップとして効率的です。

美白に効果的な有効成分により、シミやそばかす・くすみなどを防いでくれるので美白を目指す人におすすめのアイテムです。

しかしどの美白化粧水も全く同じ用途・効果というのではなく、使い方はそれぞれの商品で違いがあることも。

購入する時は成分表を見て、自分の欲しい効能がある成分(美白有効成分や保湿成分)が配合されてるかを確認しましょう

また、なにげなく使うことが多いですが、美白化粧水を変えた時にはその使い方(手でつける・コットンを使うなど)を確認しておけば、さらに効果UPさせることができるでしょう。

美白化粧水は手軽で便利な人気の美白アイテムですが、間違った選び方をしてしまうと、せっかくの美白効果も得られません。

シミにも肌にもタイプがあるので、自分に合ったものを選んでくださいね。

配合されている美白有効成分については、詳しく知りたい人はこちらも参考にしてみて下さい。※美白美容液にも配合される美白有効成分について書いてます。

⇒ 美白美容液が効くシミ、効かないシミは?

 

美白美容液の役割とは?

美容液は美肌への有効成分を補う役割

美容液とは、美容有効成分が濃縮して配合されている基礎化粧品のことです。

化粧水は保湿成分を補うことがメインの役割があるのに対して、美容液はそれぞれの肌の悩みに対して成分が配合されています。

つまり、シワ、たるみ、乾燥、毛穴といった肌トラブルの気になる所に、有効成分を補う役割を持っています。

肌トラブルの数だけあるともいえるほど、「美白」や「保湿」など目的別に特化しています。そのため、足りない部分に集中的なケアができます。

「スキンケアは必要最小限に」という方は省略することも可能です。

ですが、若いころは化粧水や乳液だけで大丈夫だったが、年齢をかさね効果を実感できなくなってきたという人には、おすすめしたいアイテム

美白美容液は美白と美肌への有効成分を補う役割

美白ケアというと、美白美容液を思い浮かべる人も多いのではありませんか。

美白ケアに欠かせない、メラニンの生成を抑える成分、メラニンを還元(薄くする)成分はもちろん、一緒に与えておきたい保湿成分、より効果をUPさせる皮膚の再生を促進させる成分などが配合されています。

もちろん、その商品ごとに配合成分は異なりますが、化粧水では補えない美容成分が入っていることは確か。そのためほかのアイテムにくらべて、比較的高価になっています。

成分を肌の角質層まで届けて、効率的に美白や美肌に影響を与えます。そう言う意味では美白ケアの中でも美白美容液は重要アイテムといえますね。

美白美容液の効果は化粧水によって与えられた水分を肌にとどめて、なおかつ凝縮された美白や美容の成分を肌に与えることで、その効果が期待できると言うわけです。

効果も価格も高い美白美容液だからこそ、何となく選ぶのではなく自分の肌質や目的、悩みに合わせて選びましょう。

効果をより実感するには美白美容液成分の効果をよく理解して、自分の肌改善にはどんな美白美容液を選ぶかが重要になってきます。

美白美容液の使い方

美白美容液には、さまざまな用途の商品があるのはご紹介しましたが、使い方の違うものもあります。

気になる濃いシミを狙うためのスポッツ美白タイプ、顔全体のシミ予防やくすみ改善のタイプです。

美白美容液を始めようとするなら、スポッツ美白タイプを使うのではなく、顔全体に使用するタイプを選ぶのがいいでしょう。

ここでは簡単に、美白美容液の使い方をご紹介します。

ほかの化粧品もそうですが、肌が少し温まっている方が美容液の浸透はよくなります。また、美容液自体も手に取って少し温めてから顔に広げるのがおすすめ

さらにハンドプレスでしっかり浸透させてあげましょう。

ハンドプレストのやり方

1.美白美容液を手に取り、少し温めてから顔全体に広げます。
2.手のひらで顔全体を包み込み、優しく10秒ほど押さえます。
3.美容液の後はクリームで蓋をする。
※手は石鹸などで洗い(もしくはお風呂上り)清潔な状態で行います。

この時に小鼻や目のと言った細かい部分も指先で優しくプレスして、美白美容液の塗りもれが無いようにしましょう。

冷え性で手が冷たい、たまにはじっくりケアしたい、という人は蒸しタオル法をどうぞ

美白美容液の効果はいつ実感できる?

これまで美白美容液は使ったことがない人もいるでしょう。塗ればすぐ美白できると思っている人もいるかもしれません。

実は、くすみなら比較的早く実感できますが、シミ・そばかす・肝斑などについては、残念ながら即効性は無いと言われています。

というのも、美白は肌のターンオーバーが関係しているからです。通常、肌の奥でできたメラニン色素は、肌表面にでてきて垢として排出されます。このサイクルが狂ったり、肌の奥でメラニン色素が作り続けられたりすることでシミになります。

このサイクルを整えたり、メラニン色素を作らせないようにすることでシミを無くすため、時間がかかるのです。

ビタミンC誘導体や4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)といった、いまあるシミを薄くする効果をもつ美白成分もあります。こういった成分はメラニン色素を作らせない&シミを薄くするのW効果で早く効果を実感できるといわれています。

美白美容液は各メーカーが研究を重ねた美白有効成分や美肌成分を贅沢に配合しています。どの美白有効成分を使った美容液であっても継続的に使っていくことで、その良さや効果も実感できますよ。

美白効果を重視するなら美白美容液を!

美白ケア、美白化粧水と美白美容液のどちらか1つ選ぶなら、美白美容液がおすすめです!!

美白美容液は、美白や美肌の成分をギュッと凝縮して作られ、その効果の高いものが多いからです。

美白化粧水にも美白有効成分が含まれていますが、化粧水の役割は保湿成分を補うことがメインとなる役割です。反対に美白美容液は、美白有効成分を+αの美容成分とともに肌に届けることがその役割です。

化粧水で保湿成分を補い、美白美容液で美白有効成分を届けるのが◎

もちろん、より美白効果をUPさせたいと考えるなら、美白化粧水×美白美容液でぜひ。

美白ケアもエイジングケアも気になる場合は?

中には、美白ケアもエイジングケアも気になるから、美白化粧水×エイジング美容液をと考える人もいるかもしれませんね。もちろんこれもありですが、美白効果は低め。

最近では美白&エイジングに効果的な美容液も出てきていますので、化粧水×美白&エイジング美容液、美白化粧水×美白&エイジング美容液という組み合わせも可能ですよ♪

 

\シミを消したい方必見/

⇒ 【最強】美白美容液ランキング!40代のシミに効くおすすめはこれ!